結婚式で感動する花嫁姿

感動する結婚式

結婚式で感動する場面と言えばいろいろありますが、出席者や親族や両親から見て何よりも感動するのは、いつもとは違う花嫁姿ではないでしょうか。

花嫁姿を見ることで、結婚して新しい道を歩むのだということを実感し、友人などは自分とその新郎新婦の思い出を思い出し、親戚等は小さかった頃の姿を思い浮かべるもので、両親は生まれた時から今日までのたくさんの思い出を思い出すものです。

結婚式では最近ではウェディングドレスで結婚式をすると言う方が多く、昔のように白無垢姿で結婚すると言う形の方が少なくなってきました。

ウェディングドレス姿で結婚式を挙げる場合、バージンロードを父親と一緒に歩くという花嫁の姿には誰もが感動するもので、バージンロードを歩く父親が娘をエスコートし新郎に引き渡す姿や、父親にエスコートされながら父親から新郎のもとにいくウェディングドレスの後ろ姿の美しさや、花嫁ならではの長いベールに感動するものです。

白無垢姿では日本古来の伝統の花嫁姿を見ることで、趣を感じることができると言うだけではなく、和というものから感じることができる純潔さや美しさ、引き継がれていく伝統を感じることができる日本ならではの結婚式と言うことができます。

感動の結婚式にするための準備

新郎新婦

結婚式は、新郎新婦の新しい人生の旅立ちでもあり、今まで育ててくれた親からの巣立ちのときでもあるため、新郎新婦や親だけでなく、参加したゲストも感動したりします。そんな素晴らしい結婚式にするためには、事前の準備も大切になります。

結婚式は、二人のお披露目の場でもありますが、二人がゲストに感謝の思いを伝える場でもあります。そんな感謝の気持ちを伝えることが、素晴らしい結婚式になります。

感動の結婚式にするためには、演出の準備が必要になります。まず大切にしたいゲストとのふれ合いや、会場をいかした演出、ゲスト参加型の演出があります。

ゲスト参加型の演出しては、挙式でのフラワーシャワー、ブーケトスなどがあります。フラワーシャワーは、生涯の愛を誓いあった後の二人を、ゲストが祝福してくれるもので、一生の記念に相応しい演出になります。また、ブーケトスは、ゲストの女性が盛上がる演出になります。

そして、最も感動する場面としては、披露宴のラストに行われる、ゲストへの感謝の気持ちを伝える挨拶と、新婦が親への育ててくれた感謝の気持ちを伝える手紙の場面です。素直な気持ちを伝えるだけでも、涙をしたりしますが、準備として曲選びもしておくと、より一層素晴らしいものになります。

誓いの口づけ

感動して号泣する人が続出する結婚式

幸せな2人

結婚に対する考え方も多様化している現在、結婚式はおろか結婚自体をしない人も少なくありません。まるで結婚することが人生の目標だというように結婚適齢期の男女が競って結婚への道を歩んでいた時代ではなくなっているようです。

それでも結婚することに対する憧れを持つひとは少なくありません。昔ながらの古い慣習に縛られるのではなく、新しい結婚観の元でパートナーを真剣に探す人が多いのもまた事実です。

結婚式など今時あまり重要視されないのではないかと思われがちですが、意外にも現在結婚を考えている若いカップルは保守的な考えを持つ人も少なくないようです。古い慣習など全く無視した自分たちのオリジナル結婚式ももちろん素敵なのですが、列席者が感動して号泣するような結婚式も捨てがたい魅力があるようです。

映像技術を駆使して、当事者とその家族だけでなく列席者にも参加してもらった映像を流すなど、参列した人々がそれぞれの思いで感動できるような内容にしたいという希望もあるようです。

両親への感謝の気持ちを伝える場面だけが感動する号泣シーンなわけではなく、大切なゲストに対する思いを形にするなど、一昔前の結婚式とは違った感動シーンがちりばめられた内容が増えているようです。

Category